オルタネーターの寿命や交換やエアコンの故障や修理費用など車の故障やトラブルを吉田マーサが語るブログです。

オルタネーターの寿命や交換費用など吉田マーサのガレージで車の修理を学ぼう

車の修理前に愛車の査定を忘れずに!

車の修理に高額な修理費用がかかるようなら試しに車を査定してみましょう!
売れる価格によっては買換えも考えてもよいと思います。
車は10年以上乗ると故障も多く修理費用がかかります。
高額査定なら修理するより買い換えないと損します!
かんたん車査定ガイド

簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つで
あなたの中古車の最高額が分かります!
⇒かんたん車査定ガイド査定してみる

エンジンオイル

車のオイル交換の交換時期についてマーサが解説!

投稿日:

結構悩んでらっしゃる方が多いなと思われました

ということでねちょっとお話をしてみようかなと思います

正直ですね僕がオススメしている交換時期

これをまず先に行ってしまいますとずだいたい3000キロから5000キロ

おすすめはしておりますあとオイルエレメントはまず2回1回見ていいのかなということでおすすめしています

本当はねえれめん通っていうのはオイルと同時交換っていうのが本当は理想かもしれ

ないんですけれども

もしねそこまで

こまめにメンテナンスをして下さっている方であればそれでいいのかなとば僕は思います

まずこれはねお金もかかることですからね

毎回というのは

まずちょっとそれは

個人のお財布と細普段しているということになるかもしれないんだけども実際これじゃあ本当のところどうなのかっていう話になると実際正解っていうのがないと思う

例えば音です

僕もまず専門家と言ったら専門家んですけどもただ違うオイルの本当のオイルの専門家から言わせてもらう意見文を

あるし

あとまた別の例えば車を作る

メーカーの専門家の意見

っていうのもあったりして

結局どれが本当かっていうのは

正直分からない

僕がわからないといっちゃまず元も子もないんだけども

ただ本当にそうだと思うんですよ立って歩い

専門家は例えばねまあその車にねえついているあの者継承入れとかに行く入っている

ああいう取扱説明書を見るとですねだいたい15000キロって交換してください

とかっていうのが買えてまあそうロッパ者のものに関しては2万キロとかっていうのは

書いているものもあるし

国際期中になってきたっていう穴にも全壊したんだけども

そのヨーロッパ方の

でオイルの交換基準と日本の交換基準っていうのはまた違ってて

あちらの方の要望でもうちょっと距離が伸ばしてほしいと

いうことで現在にまずい立っているという話もある中で

である専門家っていうのはまず1年間

っていうのはまず

エンジンに

入っているもの密封されているものなのでまず劣化がしにくいという意見もございます

でオイルのエレメント輪姦してはですねそういう形が言うには

結局その最初の新品の will フィルターというのは目が粗い状態だと

ってそれに例えばてっぷ

とかなとは

ゴミィとかねそういう enjoy の園児の中のゴミとかが付着することによって

適切な6が行われるようになるというお話も聞いた事も

実際ありますということですねあの走行距離がだいたい1万キロぐらいになってやっと

フィルターとしての機能が

はちょうど良くなってくるということらしいんですけれども

っていうことでその時期にオイルフィルターを交換するのはもう第9

というお話らしいんですねまあそういう理由もありまして

まずオイルエレメントは2万キロぐらいまで交換しなくていいと止まると

s 京都行ったエンジンオイルだいたい2万キロぐらい

とへ

オイルエレメント未満 k ってことで同時交換をお勧めするという

苦節が

まず一つ

まあ確かに

そういう方たちの言い分としては行ったがガソリンスタンド後は整備工場産っていうの

まあこの雨にオイル交換を進めてくるっていうことであれは

結局その人たちが

な水業界がね

まあある程度

そういうことをして

まず

利益を経ているということで

あくまでそっちの利益優先で

んがそれも僕は間違いではないと思いますし

まあそういう専門家もいても

それはそれでいいと思うんですよで

結局園生

なんでもそうじゃないですか食べ物でも

これはいい

っていう方とコーラたーーーー名という方もいれば

まあそれはね同行しチャンフンはダメでしょうけどだったら何でも食べ過ぎとかって

いうのは取りすぎては良くないんし

あと何だろう結局難儀してもこれはいいというものこれはダメという方っていうのは

存在していますそれはやはり

人それぞれの使い方にもよりよりけりだと思うんですよね

だから僕の場合は

僕個人ですよ個人的にはやはり

3000キロから5000 k っていうのはまず畳なところかなと思います

まあ確かに間に見ていただくと分かるんですけども取扱説明書うっていうのは
見てみると音を変えてるんですよ何キロって何と骸がいいのね

ただねそれってあくまで倉庫キロなんですよね

走行キロで判断しています

ですがあの本来その

交換基準っていうのは

あくまでエンジンが始動している

時間だと僕は思ってるんですよ

走ろうがどうであろうまず走ればその分

攪拌されて後いろんなところに行き渡ってこれも出てきますし

そうですねエンジンの中身そのピストンとかそういうとこも到底

きて汚れるわけですからた知ればね
まあそれだけの汚れっていうのは

比例して

ついてくるもんだけども倉庫着るだけではないんですねオイルっていうのは

だから僕は時間で判断する必要があるなと

いうことを

たんですよ

これ何かと言いますとあの例えば

今でも車は今 k ですよねあのメーターのところに何キロを走行しちゃって出てくる

んだけども例えば検察機器なんかは

まだまたというか時間なんですよ

本当はそうあるべきかなと思うんだけど時間時間で判断します

でも車っていうのはどうしてもそのキロ数で判断しなきゃいけないんで

まあそれで追っていくしかないんですよね

例えばねアイドリングをよくする人

i dream をよくする人っていうかそのずっとかけっぱなしで止めてなきゃいけ

ないけど待ってあるじゃないですか例えば移動販売車とか

あとは

とこでしょうねぇ

特にこちら雪国なんかは

エンジン止めちゃうと寒いんで

しょーがねーから例えば子供寝ちゃったりなんかしたらさ

その中で一緒に

エンジンかけっぱなし

まあねちょっと子供が落ち着くまで

かけっぱなしで一緒に乗ってなきゃいけないとか

まあそういう状況にも

なるわけですよそもそもそのオイル enjoy の石油系の小口っていうのは

だいたい

まぁ最初の性能ありますよね全然まっさらなと切る

クリーンな状態から

1500キロくらいから2千キロぐらいで下降し始めてくるんですね

性能がねストールそれだけで判断するとスレイバーでだよ

それだけで観覧せるとすれば

交換時期っていうのは1500機等なくってこれってちょっと贅沢すぎるでしょ今度は
09:16
これはあくまでキロで行くけどね

時間じゃなくてということを踏まえましてあのメーカーに書かれているメーカー推奨の

交換時期

例えば15000 k 2万キロっていうのはそのオイル1500キロってレッカーの

1等をたどるという

と考えると

やっぱりね3000キロから5000 k っていうのはあった後

な線かなと思いますしだから僕個人としては

その

車に携わっているものを

の口から

いっても

当然

神様は

されないかと思うんですけれども

結局僕もそれで利益を

得ている保護ですからそれはねまあ皆さんの判断にお任せしますけれどもがメーカーが

入ってるその

1万5千キロ未満 k っていうのはそこの走行距離まで交換しなくていいんでは

なくって

最低限それまではその走行昨日までは交換してくださいと言う

解釈で僕の場合はね

思っています

-エンジンオイル
-

Copyright© オルタネーターの寿命や交換費用など吉田マーサのガレージで車の修理を学ぼう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.